テカリ 防止 男

男性が顔のテカリを防止するアプローチ方法いろいろ

こちらのページでは男性が顔のテカリを防止するアプローチ方法種類についてまとめています。

 

方法としては以下のような種類があります。

 

あぶらとり紙

低コストで使い続けることができ、テカリが気になる部分を拭き取るだけなので手軽に導入できます。
皮脂や汗が少ない時は使いやすいといえそうですが、多いときには一度では拭き取り切れなかったり、時間がそんなに経たないうちにまた拭き取りが必要になることもあります。
1日で何度も拭く必要があるようであれば肌への負担ともなりやすく、人によっては不便だと感じるかもしれません。

 

汗ふきシート

あぶらとり紙同様顔のテカっている部分を拭くだけですのでケアも簡単です。
また、一枚一枚の大きさが一度で顔全体を拭き取れるようになっているものがほとんどです。あぶらとり紙のように何枚も使わずに済ませられます。
顔用、またはペーパー洗顔という商品には皮脂ケアに役立つ成分を使っていたり、ヒンヤリ感の感じられるタイプもあり、暑い夏の時季には重宝します。
お手入れの間隔を長くして1日の手間を減らしたい方ならこのタイプがおすすめです。

 

オイルコントロール(皮脂吸着)コスメ

肌に吹き出ようとする余分な皮脂を吸着するパウダーが入った化粧水やクリームを予め顔に塗ってテカリにアプローチします。
テカリ予防として便利ですし、1日の拭き取りケアの手間を減らせるというのがメリットです。
化粧水の場合は保湿力はやや弱めとなりがちです。
パウダーが入っているので素肌の時とは肌の質感が少し違う見た目となる傾向にあります。

 

デオドラント

肌に負担となりにくい成分を使った顔用のものを選ぶのがおすすめです。
ジェルやクリーム、スプレータイプなどがあります。
皮脂だけでなく汗を抑えるために仕事をしてくれるというのがデオドラントのいいところです。

 

 

まとめ

顔のテカリを防止する4種類のアプローチ方法をあげてみましたが、
出てきたテカリに緊急的に対処するものとしてはあぶらとり紙や汗ふきシート。
予防策としてオイルコントロールコスメやデオドラント。
といったように使い方の違いがあります。
コストの視点で見るとあぶらとり紙や汗ふきシートは低めで後者はやや高くなりますので、ご自身の生活スタイルの中でどのようなケアなら負担無く続けていけるかを考慮して導入してみてください。